Silicon 版 MacBook Air がやってきた。動作したアプリと動作しないアプリ。(デザインツール多め)

17日から発売され、カスタマイズされた Mac も徐々に出荷され初めて、22日に届いた方が多いじゃないかと思います。

私の手元にもカスタマイズした MacBook Air が届きました。

カスタマイズ内容

MacBook Air (M1, 2020) の 上位モデル 8 コアの方をカスタマイズしました。

メモリ: 16GB
SSD: 512GB
キーボード: US (米国)キーボード
カラー: ゴールド

です。今回は Apple Care をつけず、164,780円 でした。

外観(既存の MacBook Air と変化はありません。)

特に代わり映えない。開けたすがた。
知っていたけど、かなりピンクい。
Big sur から?起動音の「ジャーン」が復活してました。
色が近い MacBook 12 (2017) と比較。このサイズが欲しかったんだけど・・・。
大きさもかなり違うし。。。。

動作を確認したアプリ

動作を確認したものの、Big sur/Silicon (M1)に対応・サポートしていない場合が多いので、自己責任でお願いします。

動作OK

デザインツール系

動作△

動作NG

  • Adobe Illustrator 2021
    環境依存ありそうですが、書体を再選択使用とすると、Illustratorがフリーズします(時と場合による気がするが、最近は起きない。。。)
  • Google Drive File Streamはどう頑張ってもセキュリティの許可がでてこない。MacRumorsでも現象報告あり。
    CloudMounterは使えるので、これを利用しています。

動作しているキャプチャなど

Chrome のダウンロード画面
Intel 版 Adobe アプリをインストールするときに警告
iStat menus も動作して居るが、センサーやバッテリーの表示が微妙に対応出来ていない。
モリサワの MFontStarter (Mフォントスターター) のフォントインストール画面
モリサワの MFontStarter (Mフォントスターター) のフォントインストール完了画面
Illustrator CC 2021 でモリサワパスポートのフォントが使えている

まとめ

価格は、Intel 版と変わらないですが、巷で話題になっているスペックの高さは実感はできますが、やはり Homebrew が Rossetta2 のターミナルで開かないといけなかったり、Photoshop と Illustrator が不安定なのが厳しい。。。(フォント周りが怪しいなと思います)、映像系、音楽系は問題無く動いてる感じがします。

こう WordPress でブログを書いている分には問題無く動いている、Figma だけ使ってデザインをする場合は全然問題無く使えています。仕事でコードも書いて、写真編集して、ロゴとか作ってみたいなのはまだ厳しいなと感じました。

ただ、個人的にはお試しで買ったので、予想よりも使えてビックリでした。そのため 2015年モデルぶりに MacBook Air を買ったんですが、予想よりも動画編集もこなせるし「用途によって」は買いな Mac だと思います。

コメントを残す